So-net無料ブログ作成

ローアングルから見る戦争 [雑記]

古典映画にはまっている友人を洗脳すべく『誓いの休暇』のDVDをピックアップしてみました。
思いがけない戦果を挙げた少年兵は束の間の休暇をもらい、帰郷するのですが、旅の途中で出会った少女と恋に落ちるのです。初恋っすよ初恋!
乾いて荒んだ社会の断面を次々に見せられていく中で、彼等の交流はまことに瑞々しく、未来への希望として位置付けられております。
戦争と初恋。

最近はまっている『みんなミュージカル!』という漫画で、こんなシーンがあります。
片思いの女の子を救出すべく台風の嵐の中を駆け出した直情型少年が、飛来してきた看板に直撃されて、こう叫ぶのです。
「童貞のまま死ねるかー!」
男性諸氏ならば思わず納得の名台詞と思われますが、実際は我が国は先の戦争において童貞のまま戦死した兵士はけっこういらしたと思われます。
平和な現代においてさえ↑なのですから、彼等の無念はいかばかりでしょうか。
映画『大日本帝国』において、出征直前まで寸暇を惜しんでまぐわう新婚夫婦の姿が描かれておりましたが、誇張でもなんでもなく、脚本の笠原和夫の取材によるエピソードだそうです。
このような視点から戦争を語るのはいささか尾籠かもしれません。しかし、花も実も将来もある若者、処女も童貞もテンコ盛りの若者たちにたったひとつの命を求める戦争行為自体があまりにも外道です。
もし出来ることならば、汚れを知らぬ操のもまま国に命を捧げた男たちのために「鎮根碑」を建てても良いのではないでしょうか。

話は創作物に戻りまして、「戦争と童貞」ものとして本邦で最も親しまれている作品は『機動戦士ガンダム』ではないでしょうか。
「戦争を通じて少年が大人になっていく」物語ですが、勘繰るまでもなくアムロ・レイは童貞です。(断定)
否応なしに大人社会に叩き込まれた彼のいちいちウブな言動にかつての恥じらいを重ねて観賞できる点は、今なお幅広い年齢層から支持を得ている要因の一つでしょう。(その辺を意識してか、小説版はそれはそれは凄いことになっているそうです)
さて、物語終盤の「ア・バオア・クー攻防戦」で敵方のジオン軍は少年兵を動員します。
彼等の死に様もご丁寧に描かれるんですね。これが。
不慣れな操縦であっさり被弾し、スパークするコンソール前にオタオタしながら、
「ああ、あ。おかーさーん」
と言って、爆発。
気が滅入るったらありゃしません。
これが続編の『機動戦士Ζガンダム』では、敵方の鼻持ちならないエリート集団、ティターンズのパイロット、カクリコン・カクーラーの死に様が印象的です。
「うおおっ、アメリアー!」
恋人の名を叫び(しかもちょっとエッチなイメージ映像付きで)、大気圏の摩擦に焼かれて溶解。
死ね!貴様のような幸せ者は死んでしまえ!
男性諸氏ならばこの気持ちはわかっていただけると硬く信じます。
この一事をもってしても、両作品における敵方への感情移入の在り方が知れようというものです。

かつてポンキッキの歌で「ヒポポタマスのうた」というものがありました。
ヒポポタマスの一生を一週間に例え、めでたく生まれ、学校優等生で、かわいい嫁さんもらったものの翌日発病、だんだん重くなり、あっさり死んでしまい、日曜日にはお葬式~。
「運の悪いヒポポタマス~ 本当についていないヒポポタマス~♪」
といった歌なのですが、そのあまりにもコンパクトな救いのなさ加減を注目され、かつて伊集院光のラジオ番組で取り上げられたことがありました。
苦笑混じりに制作の意図に疑義を差し挟む伊集院に対し、番組スタッフの一人が思いがけない切り口で反論します。
「かわいい嫁さん貰ったんだからいいじゃん!」

まさに「童貞のまま死ねるかー!」の裏返しです。

今回は引用ばかりで申し訳ありませんが、『ゴルゴ13』の「テレパス」というエピソードで、相手の考えがわかってしまうソ連の美女スパイが、母親にこう打ち明けます。
「男の考えていることは、いつだってペニ○!ペ○ス!○ニス!」
真理です。
エロオヤジの往年の台詞に「女は子宮でものを考える」というものがあります。
自分の数少ない恋愛経験からでは、ずいぶん違和感を覚えますが、
「男はちんこでものを考える。ていうか、男とはちんこのオマケだ」
と言われれば、力強く首肯せざるを得ません。

男とは、ちんこであります。
であるからして、わたくしもまた、ちんこであります。

ああ、もう秋なのですね。蜻蛉がキュッキュと飛んでいます。彼等は、かつて生まれ育った水の中を懐かしむときはあるのでしょうか。
私は、まだちんこならざるあの時代を、一握の甘酸っぱさとともに思い返す時があります。
『誓いの休暇』、名作であります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。