So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ
前の10件 | -

較べてみよう♪ [サッカー]

さあ、皆さんサッカー日本代表といえば女子!
南アフリカ大会では残念な結果だった男子の分も頑張って欲しいものです!がんばれ!なでしこJAPAN!

と、なるであろう男子の日本代表ですが、最近ようやくある矛盾に気付きました。
昨年度のJリーグ得点王、前田と鹿島の主将小笠原が代表から外れたのは少なからぬ驚きをもって迎えられました。
「Jリーグの活躍は認められないのか…」
じゃ、監督は?
岡田さんって、海外のチームで何か結果残したっけ?
どうして監督はよくて選手はダメなの?これって矛盾してね?

そこで、海外でそれなりの結果を残した近年の代表監督(トルシエ、オシム)と、そうではない監督(ジーコ、岡田)を較べてみましょう。・世界における日本代表のレベルの認識
ジーコが「日本選手は個人技でも世界に通用する」と言い放って、これといったチーム戦略も持たぬままドイツで惨敗したのは記憶に新しいところです。
しかし、間違っていようがなんだろうが、彼にはまだ世界的な視野がありました。
岡田監督にこの概念はあるのか?あるのならば、その分析に立脚したチーム戦略が立てられるはずですが…。
オシムは個人技の未熟さと体格の貧弱さを認めました。トルシエは個人技なんてとんでもない、レベルの差は歴然だと捉えていました。
これらの認識がより高次の要素に発展します。

・基本となる戦術はあるか?
上記の認識を踏まえ、トルシエは「ゾーンプレス」という戦術を実践します。オフサイドラインを常に意識してコントロールする事でボディチェックも最低限に抑える守備主体の戦法で、選手の組織化は稀有の司令塔中田英寿の存在とも噛み合い、地の利も活かしきって日韓大会で奇跡的な結果を生みました。
これには、トルシエが自らオリンピック世代も指揮して幅広い年代層に戦術を徹底させたことも作用しています。
オシムは、スタミナと敏捷性といった個人技のレベルアップに着目し、考えながら走るサッカーを提唱しました。これは誰の目にも理に適った戦法であり、うまくはまった際の華麗さは目を見張るものがありました。
しかし、その成熟を待たずして彼は病に倒れました。
その後継と目された岡田監督に、世界を視野に入れた日本代表の分析と、それに立脚した明確なチーム戦略はあるか?
その辺は誰もがわかっていると思いますが。

次期監督候補として、いくつかの名前があがっています。西野、ストイコビッチ、ブッフバルト…。
しかし、彼等は海外クラブはおろか代表チームの指揮も満足に執ったことがありません。
世界の中で日本代表がどのような位置にあるのか、ということがわからなければ、世界に通用する戦術を策定できず、チーム戦略の方向性も誤ることになるでしょう。
日本のサッカーファンの知名度よりも、客観的な実績を優先しなければいつまでたっても強くなれないでしょう。

以上は、監督の資質というよりそれを選定する協会の不見識を疑う文章であります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

はじめての観戦 [サッカー]

久々の「サッカー」の話題です。
自分、中学までサッカー部に所属し、区内最弱のキーパーの名をほしいままにしていた男ですが、長じてから多分にもれずお茶の間観戦派でありました。
テレビの前で観て、PCの前で寸評を書く。
しかし、先日ワールドカップ出場を決めたウズベキスタン戦を見ていた時・・・むなしくなりました。川平慈英流に言えば、観戦の後に何の昂揚感もなく、ただむなしい自分を見つけた時、おかしくなったのです。自分に笑ったのです。
…というわけではありませんが以前から、代表戦は一度観たいなあ、と思っていたところ、9日の火曜日にはカタール戦の客の入りが悪いので当日券まで発売する、との報道を目にしました。
さっそくローソンに行ってみたところ、2番目に安い席があっさり買えてしまいました。
うーん、思い立ったが吉日。

そんなわけで6/10の水曜日に新横浜は日産スタジアムへ行って参りました♪


0610 01.jpg
東横線で菊名まで行って、乗り換えます。ここは横浜線ホーム。


0610 02.jpg
新横浜駅のホームです。凄まじい混雑だったひと駅間でした。どっかの骨が折れるかと思った!


0610 03.jpg
駅前からスタジアムへ向かう途中、青い幟を掲げてなにやらアピールしている連中がいました。
幸福実現党でした…。
もうみんなガン無視。チラシ配ってましたがエクセレント無視。ネタにもなってません。
青いシャツ着たり子供を動員しているのが余計に小癪です。


0610 04.jpg
川を越えてしばらく歩くとスタジアムが見えてきました。ここまでの道のりは1キロちょっとでしょうか。青い人たちに付いて行けば良かったので楽でしたw


0610 05.jpg
改めて人、多いなあ。


0610 06.jpg
改めて見ると、でかいなあ。


0610 07.jpg
客席外のアプローチ。照明も青く染まっています。このチームカラーは鎮静効果もあるし、ちょうどいいですね。
でも、照明の色とか変えられるのかー。すごいぞ日産スタジアム。


0610 08.jpg
入場する際に記念品のハンドタオルをもらいまして、着いた座席は後から4番目。
さすが安いだけのことはあります。でもお客さんのユニフォーム着用率も低く、気楽に観戦できる場所ではあります。
屋根があるので雨が降っても安心。(降りませんでしたが)


0610 10.JPG
0610 11.JPG
自分の座席から見えるピッチはこんな感じです。
強い照明の中に芝生が輝くようで、ちょっと感動的な美しさでした。
まだキックオフの少し前だからか、やや空席が目立ちますが、後半途中の表示されたところによると観衆は6万人を越えたそうです。そういえば、自分の隣のおばちゃんも途中から来てました。


0610 12.jpg
座席にはあらかじめ厚紙が貼り付けてありました。
選手入場に続いて国歌斉唱。その直後にみんなで厚紙を掲げます。
すると、こんな感じに浮かび上がります。
0610 13.jpg
手元ではこんな感じ。
自分の席は青い厚紙でした。


0610 14.jpg
試合が始まりました。

自分の右隣には、ぶつぶつ呟いては時おり小さく拳を突き上げる青年、その右にはワンセグ片手にノートをつけている観戦オタク青年。ちらっと覗いたら「巨人対広島」と書いてありました。
左隣のおばちゃんは、その左の太ったおばちゃんと二人連れだったようで、代表の追っかけみたいでした。きゃぴきゃぴした会話の中で「俊ちゃん」なんて単語が混じります。でもメタボ。あくまで推測ですが「昔ジャニーズ、今サッカー」かな?なんて思ったり。
さらに後では無理矢理脚を組んではたまに自分の背もたれを蹴ってくるおねーちゃん。なぜかお水系ファッションで、見ていればわかることを隣の男に訊いていました。
うーん、人間模様w


消化不良の試合が終わり、ワールドカップ出場おめでとうセレモニーで岡田監督が謝ってました。
そりゃそうだよなー、とお客さんは結構醒めてたようです。あとでマスコミは騒いでいたようでしたが。
そのあと、選手がトラックを一周。
0610 16.JPG
この距離だと誰が誰だかわかりませんね。


0610 17.jpg
そして帰り道。
いまいちテンションの上がらない観衆に帰宅を促すように、ここに来て雨がぱらついてきました。
「今日の内容じゃユニフォーム買えないよなあ」
「松井と本田出すのが遅すぎたよなー」
といった声が所々で聞かれましたが、このへんがこの試合の寸評だと思いました。うんうん。


0610 18.JPG
鶴見川にかかるこんな橋を渡って、東横線の大倉山駅まで2キロちょっと歩きました。
座って帰るための工夫でして、それはうまくいったんですが座った途端に、線路内立ち入りによって東横線が止まりました。
あーあ。
とはいえ、自分もいいプレーの後には拍手したり、手拍子に参加したり、ヘボ審判には「かえれー」とか言ったりしてたんですが。
最初は静かに観戦しようと思ってたんですが、けっこう雰囲気に呑まれてましたw

試合内容はアレでしたが、それでも思いのほか楽しかったんで、今度は誰か同好の志といっしょに行きたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アジアカップ予選リーグ・サウジアラビア戦(ホーム) [サッカー]

我那覇の2得点などで3-1で勝利しました。
ホームでピッチコンディションが良かったこともあり、日本代表はまずまずの動きを見せました。1点目を決めた闘莉王、2点目をアシストした今野など、ポジションにこだわらない自在な動きで相手を霍乱する時間帯もありました。
今日の我那覇は絶好調でした。特に1点目のヘディングシュートは見事でした。
また、不調というかあまり機能していなかったのは中村です。近くにボールが来ても追わず、運動量も少なく、対人守備はほとんど皆無でした。このままでは中村俊輔が合流したらお払い箱になるように思えます。
半面、FWの巻は今回も無得点だったものの運動量は多く、前線から守備に奔走していました。

全体的には凡ミスが目立ち、そこからカットされて攻め込まれるシーンがありました。パスのスピードも遅く、まだまだ南米や欧州の国々と戦えるレベルには到達していません。
とはいえ、オシムが監督になってからしっかり準備をして臨んだ試合がまだ無いので、実力を測ることは出来ないと思いますが。

サウジアラビアは何がしたいのかわからないまま終わってしまった印象です。
カウンターにスピードがあるわけでもなく、セットプレーは枠を捉えず、ちょっとぶつかったらすぐ倒れる。今回の審判はいちいちファウルをとってくれましたが、アジア以外のレベルでは反則になるかは疑問です。
この国がワールドカップでパッとしない理由はこの辺りにあるのかもしれません。
韓国やイランに比べてワンランク落ちる相手だと思いました。
このレベルの相手にホームで3-1なら、評価できると思います。

最後に闘莉王。
志願したPKくらい枠に入れようよ…(^^;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アジアカップ予選リーグ・インド戦(アウェー) [サッカー]

3-0で勝利したものの、かつて無い低レベルの試合内容でした。
途中で見る気をなくした代表戦は久しぶりです。
ピッチコンディションは酷かったのは事実ですが、それを踏まえてなおしょうもないミスが多すぎました。
無得点に抑えられたのは相手が下手で、こちらに運があっただけのことです。

前半は幡戸の彼らしいシュートで2得点。ただ、彼以外では持ち味を発揮した選手はあまりいませんでした。駒野、川口ぐらい。
後半は五分五分の展開で、何度も危ないシーンがありました。中村の目が覚めるようなシュートで3点目が入ったものの、危なっかしい展開は相変わらずでした。
ドイツワールドカップ出場国の中でもトップレベルの決定力の無さを誇った日本ですが、インドはさらに決定力が不足しており、下には下がいるものだと感心しました。
試合全体を思い返しても相手の低レベルに合わせてしまった印象です。これを若さのせいにしては今後の成長は見込めないでしょう。
せめて闘莉王がいれば…と思いました。中田英のような叱り役がいなければフニャフニャしっ放しなチームの体質も相変わらずです。

それにしてもインド。またしてもインド。
ワールドカップ予選では停電、今回はご丁寧に前後半一度ずつの照明トラブル。ついでに電光掲示板もトラブル。
挙句の果てには試合終了間際にはピッチに犬が侵入。どうやらインドには警備と言う概念が存在しないようです。狂犬病が普通に流行しているようなイメージがある国なので、ハラハラしながら見守りました。
もうひとつ気づいたことがあるのですが、前半終了間際にDFの水本が負傷退場する際、担架を担いでいた4人のスタッフのうち一人は裸足でした。
ふざけるな自称「IT大国」。ゆるゆるでだるだるのインドルールは良くわかったので、国際試合とかに持ち込まないで欲しいです。

この試合の教訓。
①ピッチは水平に。
②照明が壊れているのなら昼間に試合をしよう。(太陽は消えたりしないから)
③犬はきちんと鎖で繋ごう。

これは…もはやあまりサッカーと関係が無い…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ガーナ戦 [サッカー]

初めて格上の国との対戦となりましたが、結果は0-1で敗北。
しかし、勝ち負けうんぬん以上に実りはあったと思います。

特に前半ですが、FWの佐藤(寿)が最終ラインで守ったり、バックの水本が攻めあがってファウルをもらったり、ポジションはあって無きがごとしといった変幻自在な動きに相手は明らかに戸惑っていました。
一方のガーナもサイド攻撃をあまり使わず、目まぐるしい混戦となりました。
失点シーンは数少ないサイド攻撃でしたが、信じられないスピードは圧巻でした。さすがアフリカ最強国!(ドイツW杯の結果で言うと)

目に付いた選手は初出場のDF水本、時折ミスはあったものの当たり負けしなかった阿部、今野。MFは鈴木、三都主、駒野。途中出場からは羽生。そしてなんと言ってもGK川口!
物足りなかったのはMF中村と山岸。初出場ということもありますが、プレーが甘すぎます。

勝敗を分けた理由は明白です。
ガーナはメンバーの多くが欧州リーグでプレーしており、プレーひとつひとつの緊張感と質が違いました。
パス、動き、連携、攻守の切り替えなど、全てが向こうの方が上でした。
つまり、日本国内リーグと世界トップレベルのリーグの実力差が如実に現れていたと思います。
にもかかわらず点差が開かなかったのは、人数をかけて体を張った守備と川口の好プレーによるものです。攻撃では惜しいシーンも何度かありました。
偉そうな言い方をするなら、下手なりにきっちりやれた試合だったと思います。
「考えながら走る」サッカーの輪郭がうっすらと垣間見えた気がします。
あと、決定力不足は今に始まったことではありませんが、幡戸は最初から見たかった!


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

イエメン戦 [サッカー]

後半ロスタイムに我那覇のシュートが決まり、1-0で辛くも勝利です。

ただ、試合内容うんぬん以前に、まともなサッカーができるピッチコンディションではありませんでした。芝生はデコボコ、穴もいっぱい、怪我人が出れば自動車がピッチを踏み荒らす。。。例えるなら「河川敷の草サッカー」です。
また、中継していたイエメンテレビのカメラワークは酷く、ボールを追うことさえおぼつきませんでした。数台あるカメラのうちひとつだけ色調補正をあやまったものがあり、見ていて疲れました。

ボールがどっちにバウンドするのかさえわからないようなピッチではその場しのぎのプレーが主体になります。行き当たりばったりでボールを追っかける展開のなか、サウジアラビア戦で出来なかった終了間際のパワープレーが実を結んだのが収穫と言えば収穫でしょうか。我那覇、巻、闘莉王らを前線に並べ、ハイボールをぼんぼん入れる攻め方が出来ていました。
あと、高地ならではの薄く乾いた空気の中でも集中力を切らさず、大きなミスをせずに相手を零封した守備陣も印象的でした。いまいち戻りが遅かった闘莉王に比べ、素早く果敢なオーバーラップを繰り返した坪井の存在が光ります。

今回の試合で「オシムサッカー」の完成度を問うことは出来ません。まずは平らなグラウンドでプレーできなければ話になりません。
イエメンという国は、まだサッカーの国際試合を出来るレベルではないと思いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

イエメン戦 [サッカー]

オシムが監督に就任してから初めての公式戦。
結論から言えば、消化不良でした。

前半から圧倒的にゲームを支配、シュートを打ちまくるも1点が遠く、0-0のままハーフタイム。
後半から左サイドの駒野に代えて羽生を投入すると、明らかに攻撃にリズムが生まれます。
最初のゴールは25分のコーナーキック。この頃にはマークも付いていた巻の前に躍り出た阿部のヘッドがきれいに決まりました。
しかし追加点が遠く、残り数分というタイミングで出場した佐藤寿人がフリーキックを頭で受けてシュート。相手キーパーが弾いたところを自分で押し込み追加点。
そのままタイムアップ。

イエメンは特に上手いわけでもなく、目立ったのは好セーブを連発したGKのみ。カウンターも切れが無く、ミスを拾って攻めあがるもシュートまで持っていけませんでした。
ただし、時間稼ぎは目立ちましたが某中国などと違って凶悪なファウルなどは無く、このまま寄り道しなければ強くなりうるチームだと思いました。

一方、日本で目立ったのはFWでは田中達也。切れと工夫のある動きでファウルを誘い、シュートまで持ち込むシーンもありました。巻はポストプレーをきっちりこなしましたが、中盤が彼にパスを供給できませんでした。そしてなんと言っても佐藤寿人。彼の動きには全て意味があるとさえ思えました。
中盤で目立ったのは豊富な動きで相手の意表をついた羽生。ただし、同じ左サイドの三都主とのコンビネーションが機能しませんでした。阿部は後半から攻撃に参加。広い視野から効果的なサイドチェンジなどを行いました。鈴木は無尽蔵なスタミナで意欲的なプレー。動きも早かったです。
守備陣では攻撃参加が光った闘莉王がFKも披露。坪井のカバーリングは良かった。

加地、遠藤、あと前の試合で爆発した三都主は揃ってダメでした。
率先して動くわけでもなくボールを持ちすぎ、リズムを止めるシーンが何度もありました。プレーに工夫も意外性も無く、シュートも精度を欠きました。
後半から加地は持ち直したものの、遠藤と三都主は司令塔頼みの古いサッカースタイルが身に染み付いているようでした。
動きの質が良い千葉組と浦和の若手が目立った試合であり、世代交代を印象付ける結果となりましたが、まだまだチームとして機能するには至っていません。
ただ、大胆にメンバーを変えたばかりでチームとしての練度に欠けるのは仕方の無いところ。ピンチらしいピンチも無く確実に勝ち点を得たことは良かったと思います。
このチームの今後の成長が楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-21中国戦 [サッカー]

結果は2-0で勝ちましたが、双方の力に差はあまり感じませんでした。
ただ、決定力は明らかに日本の方が上回っており、枠を捉らえたシュートの数が結果となって現れました。
あと、チームの完成度というか細部の詰めの部分にも若干差がありました。
中国は縦方向のパスからの攻めは速く、何度か決定機を作りましたが、センタリングを使った横からの攻めでは逆サイドから詰めている選手は皆無でした。
皮肉にも日本の1点目は逆サイドから走り込んでいた本田(名古屋)のヘディングでした。

2点目を入れた増田はゴール前でも小憎らしい程の落ち着きを見せました。鹿島の若手はなぜみんな冷静で大胆なのでしょうか?
他にもFC東京の梶山、増島らJリーグの主力選手は軒並み活躍してました。
とはいえ、双方ともにメンバー全員が献身的に走り回る試合展開は見ていて気持ちよかったです。

これは余談なのですが、後半に相手DFが負傷して担架で運ばれる際に、運搬していた4人の少年の足並みが乱れて担架が傾き、選手は転げ落ちてしまいました。蜂っ面に泣きとはまさにこのことです。
この場面を観ていて不謹慎にも爆笑してしまったのは自分だけではないと思います。
そのあと、今度は日本選手が負傷した時にも彼等ボンクラ・カルテットは登場しましたが、選手を運搬する速度は心なしか遅めで、ついでに両脇に日本のスタッフが張り付いていました。その甲斐あって、選手は無事にピッチサイドに到着しました。
競技の実力うんぬん以前に、試合を運営する社会的基盤に不安を抱かせるシーンでした。
本当に出来るのか北京五輪…?(ついでにW杯南アフリカ大会も)

最後に。
明日のA代表トリニダード・トバゴ戦は観れません。
申し訳ありません!!
知り合いのライブと被ってたのに気付かなかったよー(泣)
とりあえず、オシムジャパンを支持します。なぜって、面白いから。
ただ、結果は引き分けなら上出来ぐらいに考えてます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「あのさあ…」といいたい [サッカー]

女子サッカーのアジアカップ準決勝オーストラリア戦を後半から見ました。
結果は日本が0-2で負けまてしまいました。
2点を追って突入した後半、スタミナ切れから防戦一方の相手を攻めきれず無得点のままタイムアップ。
両サイドを使った大きな展開が乏しい、フリーになっても迷ってもたつく、など攻撃面では男子と同じ問題点を再確認。
総合的には「何がしたいのかわからない」という、これまた男子と同じ印象を受けました。
しかし、これは相手が強かったから日本の良い点が消されてしまっただけなのかもしれません。
とはいえ、体格面では劣っていたものの、技術的には遜色なかったと思います。
大きな意味での戦略が欠けている為に、各ポジションの選手が自分の役割を見失っていたように見受けられ、その意味でも男子ととてもよく似ていました。

ただ、選手のレベルや試合内容よりよほど気になったのが、実況および解説です。
元選手だと思うのですが、解説者が無能でした。
ゴール前でボールを持てば「打て!打て!」。相手ディフェンダーに跳ね返されれば「惜しい!でもまだあります!」。こぼれ球を競り合えば「ここで負けちゃダメですよ」…。
視聴者でも言えることを実況席で絶叫しているだけです。
同じ場面でも、「逆サイドにフリーの選手がいます」とか「後ろから~がオーバーラップしています」とか「この後のカウンターに気をつけたいですね」とか、選手寄りの視点でもっと具体的に試合を「解説」してほしいのですが、アナウンサーと一緒になってきゃあきゃあ騒いでいるだけ。
彼女は一体何をしに来たのでしょうか?
選ばれてそこにいる以上、自分が何をすべきか考えてほしいです。
アテネ五輪などを見ても、我が国の女子サッカーのレベルは世界の中でそんなに極端に劣っているとは思いません。
ただ、それを取り巻く環境(この場合はマスコミですが)はまだまだ町内運動会レベルだということを確認した次第です。

だからこそ、頑張れ女子サッカー!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表へのまとめ [サッカー]

蓋を開けてみれば世界の中での日本の実力を思い知ったグループ予選でしたが、このような形で判明した力の差を誰か把握していたのでしょうか?

ひとつ言えるのはジーコ監督ではなかったということ。対戦相手を詳細に研究するでもなく、試合(とくに初戦)では選手以上にヒートアップし、戦術の確認もなしに急場しのぎのシュート練習に明け暮れた彼にあらかじめ世界が見えていたとは思えません。
1ヶ月ほど前の記事で、自分はこういうことを書いていました。
「メンバーの選考や試合中のメンバー交代にははっきり言って期待していません。」
あああああ。この予想はあまりにも鮮やかに証明されてしまいました。。。

結論を急ぎましょう。
世界と日本の実力差を他の誰よりも的確に把握していたのは、中田英だったと思います。
アジア予選を突破した際に開かれた記者会見で「今の日本には決勝トーナメントへ残る力はまだ無い」と言い放ってその場のお祭りムードをぶち壊したことを思い出します。
楽天家の素人監督。楽天家に盲従したサッカー協会。皮算用の算盤ばかり弾いていた企業・マスコミ。そして僕自身も含め、マスコミの発する楽観論を無邪気に受け入れていたサッカーファン。
海外のリーグを渡り歩き、第一線級の選手のプレーに接してきた中田英の目にはそんな連中はどのように映っていたのでしょうか?
そりゃ、泣きますわな。

現実はわかりました。ついでに協会やマスコミのレベルの低さもわかったので、少なくとも現実に立脚して現在の日本に合った強化と選手の育成を考えられるプロの監督の就任を望みます。
ジーコは選手のプロ意識について言及していましたが、自身の監督としてのプロ意識について聞き返されたらどう答えるつもりだったのでしょうか???

あと最後に。
これも以前書きましたが、この大会の代表選手には若手がいませんでした。
今後は国際試合の経験の少ない若手で世界に挑まねばなりません。
次回のアジア予選からは実力国オーストラリアが加わり、今回の結果(アジア代表から決勝トーナメントに進んだ国は皆無)からアジアからの代表枠自体も少なくなるでしょう。
マスコミが勝手に名づけ、運用サイドが意図的に無視した「谷間の世代」に課せられた使命は不当に大きくなります。本来は総合的に考えなければいけない「強化」と「育成」を切り離してしまったツケは今後、ボディーブローのように響いてくるかもしれません。

救いは松井大輔や平山相太など、次代の中核となるであろう選手たちがしっかりと自我を持った頼もしい選手であることです。
いつまでたっても無責任な神頼み体質の日本のやりかたに巻き込まれること無く、頑張ってほしいと思うのです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。