So-net無料ブログ作成

ぎっくりでびっくり [その他]

ぎっくり腰で死にかけた。

一昨日、2週間ぶりのプールで年甲斐もなくハッスルした後の冷水シャワーでギックリ勃発。
手探りの姿勢変化で痛みを避けるスローモーション地獄の一夜を経て、原付で急行した診療所で温熱治療を施してもらい、薬をもらって帰ってきた。治療の甲斐あって可動領域は広がっていたため、慢心していたのかもしれない。
そして一夜開けた今日は溜まった家事をこなしつつ、映画でも観に行こうかと考えていた。その前にトイレ…。
嫌な兆候はあった。それまで慎重に避けていたくしゃみをしてしまい、膝から崩れかけていたのだ。しかし痛みはすぐに引いたので注意は続かなかった。
用を足し、尻を拭きながら鼻を啜った瞬間、腰から全身にかけて重い衝撃が伝播した。身体中を深く揺るがす激痛。
シュッと狭まった視界の中央が白くスパークし、脈が乱れ、思考が鈍化する。高鳴ったはずの鼓動さえ聴こえないほど音が遠くなり、吐き気が込み上げる。
それでも慎重に尻を吹きながら「これはまずいのでは」と感じ続けた。これが世に言うショックというものか。
何とか立ち上がるが、ショック状態は続いている。無音と白色の向こうへ意識がするすると持っていかれそうで「ああいけない、スパークの向こうへ行ったら死んでしまう」と直感する。
極めて生理的な反応として「死にたくない」と思った後、「これぐらいで死ねたら幸運な方かも」と一瞬考えてしまった。いま思えば自分の弱さよ。
でもとりあえず今はまだ死ねない。下着さえ持ち上げられず、局部を露出したまま、うんこの傍らで発見されるのは御免被りたい。もしも叶うなら、まだ機会を選べるのなら、避けられるなら、避けたい。
新たな痛みに怯えつつ、口に出して「大丈夫」と自分に言い聞かせつつ、ささやかな我が儘から便器のレバーに、この場合は「生」に手を伸ばす。
夢うつつの意識の端で流れ行くうんこの映像を視認しつつ、自分の生が不安定な橋を渡った事を覚った。

単に失神しかけただけじゃん何を大袈裟な、という向きもあるかもしれないが、意識が戻るかは判らない。
諸々差し引いても、切実に死を意識したというお話でしたよ。はい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。