So-net無料ブログ作成
検索選択

谷川温泉近くに未知の吸血生物を見た! [大なり小なり旅の記録]

久し振りの旅行記です。

先月末に転職し、とにかく目が回るような1ヶ月でした。
肉体的に辛い仕事なので、暇を見付けて水上の温泉へ行ってきました。
…もちろんこの時期ですから、当ブログの必須アイテム「青春18きっぷ」で!

せめて行きはゴージャスにしようと思い、湘南新宿ラインのグリーン車を使ったのですが平日は¥950なのですね。
土日祝日は¥750だったので不意打ちを食った気分です。
平日は人が少ないけどこういう罠が。シフト労働にも長短があります。

2013 0723 01.jpg
車窓から見付けた謎の文字。
天の犬…?

高崎で上越線に乗り換えて1時間ほど。
水上までは1時間に1本ぐらいの間隔で便があります。これが新潟へ抜けようとすると、この先は一気に減るのですが…。
駅前から少し北上します。

2013 0723 02.jpg
駐車場への凄い勾配のスロープ。バンパーをこすらないか心配になってきます。

2013 0723 03.jpg
線路沿いに公園のようなちょっとしたスペースがあって、D-51が静態保存されていました。
その傍らには記念写真用の顔ハメパネルが。

2013 0723 04.jpg
はい。
お約束お約束。
スマホでセルフタイマーを使うにあたって上手く固定できず、傾いてしまったのはご愛敬。

「鹿野沢」の橋で利根川を渡って水上支所前を左折。程なく谷川手前の分岐を右手に入って、山道を3㎞ほどてくてくと登っていきます。
途中までは歩道もあり、安全な行程です。
不安定な空模様で、雨がざーっと落ちてきたかと思うと、カラッと晴れ上がったりして、折りたたみ傘を差しながら進みます。
標高が高いので気温はそれほどではないものの、やはり歩いているうちに汗だくに。
上を覆う木立の葉からいろいろ落ちてきて、傘の縁で小さな尺取り虫が身をくねらせていたりします。

2013 0723 05.jpg
ちなみにこんな眺め。

そういえばここ、高校時代に友達と来たことがあったなあ、などと自分の健忘ぶりを再確認しているうちに町営「谷川温泉 湯テルメ」に到着。
http://www12.wind.ne.jp/tanigawa-onsen/yuterume.htm

2013 0723 06.jpg
流石に平日の昼時、まばらなお客さんは主に地元の方と思われました。
おかげで内風呂、露天風呂を独占できました。
いえーい!
内風呂は泉質も温度も異なる3つの湯船。
なんという贅沢。

リンクフリーとのことなので、こちらのサイトも参照します。
http://www.geocities.jp/nara_no_daibutu2/spa-4/22-tanigawa-yuterume.html
冬はこういう感じなのかー。
思ったより大きな露天風呂は素晴らしかったのですが、小さな虫がぷかぷか浮いているのもこの季節ならでは。これぐらいなら気になりませんでした。
眼鏡かけてたら渓流がもっと良く見えただろうなあ。

休憩室で、当地名物の生どら焼きとリンゴジュース(カウンターにて¥200で販売)を賞味したら、行きの行程でちょっと気になっていた「おっかな橋通り」という脇道へ。
車道から生活道路へ、舗装が消えて藪の中へ…。

2013 0723 07.jpg

2013 0723 08.jpg
気付いたらこんな所に来ていました。
山道での経験上、手頃な木の枝を拾って顔の前でぐるぐる廻しながら進みました。蜘蛛の巣よけです。

案内に従って藪の中を昇っていったはずが、何故か民家の裏へ出てしまいました。
まあ、良くあることです。
散策道の入り口に何やら看板と、スプレー容器が見えました。
なになに…。

「この時期、散策道にはヤマビルが出没しますので、この食塩水を吹きかけて下さい」

なーにー!
向こうの入り口にはそんなこと書いてなかったじゃん!

そういう事は早く言え!

と、無防備極まりないクロックスサンダルに目をやると、

穴からにゅるっと茶色い奴が!

既にいるし!

…この後のリアクションは、傍から見ていたらたいへん面白かったと思います。
大の男が「うーおー!」などと絶叫し、両足をでたらめに振り回しながらアスファルトの路面に躍り出たのですから。
そう。まるで前日に当選した山本太郎の「メロリンキュー」のように…。

http://www.youtube.com/watch?v=ftIDia0WpIM
(30秒あたりからの動きが酷似)

と、いうわけで幸いにもヤマビルはどこかへ吹っ飛んでいったようでしたが、教訓は残りました。

「夏の山道は、蜘蛛の巣だけじゃなくてヤマビルにも気をつけよう!」

(この後はあっけないほど無事に帰宅しました。)

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

つぼっち

さすがに水上まで行くと山が深いですね。
露天風呂も気になります。
「おっかな橋通り」、こんな山の中での「通り」に違和感を覚えます。
画像を拝見する限り、人の往来は限りなく少なそうですが(笑)。
by つぼっち (2013-07-25 23:14) 

クロヒコ

さすが水上、関東の果てでした。
谷川温泉にしても、本来は車で行くところなのだといつもながら痛感しました。

「通り」はないですよねー(笑)
ご推察通り、誰ともすれ違いませんでしたよ。ヤマビルだけが「こんにちわ」と。
こんな小旅行でもお話の種が出来たことを喜ぶべきなのでしょうか…。
by クロヒコ (2013-07-26 11:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。