So-net無料ブログ作成

小田急とは違うのだよ、小田急とは! [大なり小なり旅の記録]

08 0802 20.jpg

あれ?
あれあれ?
東岡崎駅に入線してきた列車はパノラマカーではありませんでした。
だって、この車両のどこにも「パノラマ」の要素はないでしょ?
自分同様に「あれ?」と思ったお客さんはいたようで、もう駅員さん大人気。
前後の文脈を把握しないまま「そうだそうだ!」とはやし立ててみようかとも思いましたが、自分の目的はパノラマカーに乗ること。
ふうう、危ない危ない。
クロヒコ、戦いの中で戦いを忘れるところでした。
ちなみにあとでこちら(http://www.meitetsu.co.jp/panorama/pdf/panorama_timetable.pdf)を再チェックしたところ「検査など都合により、別の車種、両数で運行することがあります。あらかじめご了承ください」って書いてありました。
軽挙妄動を謹んで本当に良かった!

でもって、快速特急でとんぼ返り。名古屋は余裕でスルーして、「名鉄岐阜9:13発」の上り列車を狙います。
あ、下の方の(土休日)ってほうです。
でもって、国府宮(こうのみや)という駅に降り立ちました。
すげー暑かったのですが、時間があったのでホームの端っこに行ってみたらこんなものが。
08 0802 21.jpg
まだ、半年以上あるよ…。待ちに待った待望の裸体が熱い視線を浴びるのでしょうね。
むくつけき無数の肉体が酷暑とねっとり混ざり合い、吐き気一歩手前まできたあたりで、向こうから4つのライトが見えました。
きたきたきたきたきたーっ!
08 0802 22.jpg

08 0802 23.jpg
横から。

08 0802 25.jpg
運転席はこのはしごで登ります。

この顔、この造りこそパノラマカーよ!

ちなみに車内からの展望はこちら↓
08 0802 24.jpg
まさに「パノラマ」でしょ?
幼稚園に入る前の自分は、この最前列をゲットするために走ったものでした。
こんな車両が運賃だけで乗れる。名鉄は本当にすごい鉄道会社です。
でも、もうそれも今年限り。全てのパノラマカーは廃車になってしまいます。
『兵士のさだめがどういうものかよく見ておくんだな!』
そう背中で語りかけるような名車、名鉄7000系よ永遠に。

でも、同じ構造でも翌々年(1963)に登場した小田急のそれは「ロマンスカー」という実体の無い名称でしかも特急料金を取ります。
ちなみに同じ会社が製造しているのでパクリ、というわけではなく、また、運転席が2階、という発想もイタリアですでに前例があったそうです。
とはいえ、やはりタダはタダ!
せっかくだから折り返しの列車に乗って岐阜まで行っちゃおうかとも思いましたが、傍らを駆け抜けていくちびっ子を見て、やめました。
パノラマカーに走っていく子供たち、彼らは30年前の自分ですから。

この後は名古屋水族館近くで「50種類のえびせんを販売」という触れ込みのえびせん館があまりにもしょぼかったので水族館も見ずに帰ってきたりしたのですが、思い出したくもないので割愛します(笑)
名古屋駅に帰ってくると、広場が力士の海になっていました。
08 0802 28.jpg


あたりいちめん椿油のいいかほり。
よくわからないフレグランスに包まれて、短かった名古屋滞在は終わりを告げました。
この後は新幹線を使ってお気楽に帰る予定だったのですが、特急料金をケチって普通列車を乗り継いだ結果、疲労からその後数日発熱しました。
これぞ貧乏旅行の醍醐味!
くそー!

<次回予告>
留守番を申し付けられていた4ヶ月間の鬱憤を晴らすべく、今度は東北に行ってきました!
そちらも現在準備ですんで、近日公開です。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 4

ばくはつごろう

すごい熱意。
なにがそこまで駆り立てるのか。
東北編も楽しみにしています。
by ばくはつごろう (2008-08-16 09:22) 

クロヒコ

小さい頃の思い出に踏ん切りをつける、というか、言わば没交渉だった幼馴染に別れを告げるためですかね。
今の鉄ちゃんたる自分の素地を作ってくれた車両ですから、思い入れがあるのです。
東北は…ご期待に沿えるように頑張ります。でも、ぼちぼち書いていく予定ですんで、気長にお待ち下さい(^^;

by クロヒコ (2008-08-17 01:02) 

しのっち

パノラマカー、青ければ完璧でしたね(笑)
それにしてもうまいことラルのセリフと被せましたね!
さすがです、クロヒコさん・・・
今回の名古屋編も楽しく読ませていただきました!
読み終わって一言、
「あの人に勝ちたい」
と言ったとか言わなかったとか(笑)
by しのっち (2008-08-17 20:28) 

クロヒコ

「歴戦の兵(つわもの)」というイメージを想起したとき真っ先に思い出してしまったのはやはりあのお方だったのです。
青いけど!
しのっちさんこそ、絶妙な名台詞で〆てくださって、このやり取り、まさにファン冥利に尽きるというものです。
ありがとうございました!

by クロヒコ (2008-08-19 00:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。